会社概要

ホーム > ブログ > 豆知識 > 富士山レーダードーム

BLOG

2017年5月19日|豆知識

富士山レーダードーム

今日はF社との打合せで山梨県富士吉田市に行きました。
打合せまで30分ほど時間があったので、富士山レーダードームを見学。
急ぎ足での見学内容を少しご紹介します。
1950年代、日本は度重なる大型台風で甚大な被害に見舞われていました。そこで富士の山頂にレーダーを設置することにより探知範囲が広がり台風を発見しやすくなるため、1964年念願のレーダードームが完成しました。
完成するまでは非常に困難で、標高3776mという史上例のない高地での大規模工事に加え、富士特有の乱気流が渦巻く世界有数の危険空域・富士山頂への巨大ドームの空輸。。なんと最初は馬で建材を運ぼうとしてたみたいです。馬も高山病?で登れなかったようです。
気象観測技術の発達により1999年、35年間の観測業務の幕を閉じました。
35年間も乱気流からレーダーを守り続けたドーム!!すごいですよね(^O^)

建設に情熱を傾けた人たちのドキュメント映像(50分ぐらい)が上映されていましたが、時間が無かったので見れなかった。。。残念。。
今度はゆっくり見学したいな。。

Top